最近の活動

若松小学校4年生に防災の授業をさせていただきました。

【9月1日・防災の日】
今日は若松小学校4年生に防災の授業をしてきました。
“防災から地域を考える”
災害が起きたとき、どんな事を知っておけばいいのか。もしもの備えは、知識や経験、物資だけでいいのでしょうか?
いえ、いえ!もっとも大事になってくる備えは、地域の人との連携です。普段から地域の人たちと顔と顔が見える関係性を築くこと!
そして防災の主役は地域の子どもたちなのです。
これからも防災を楽しく学びながら、一緒に意識と知識を高めていきましょうね!
自主防災団体GOLD CAMP(ゴールドキャンプ)HP

SNS

PAGE TOP